2011(H23)   2012H24)  2013(H25)  2014(H26)  2015(H27)  2016(H28)  2017(H29)

2018年01月13日 パソコンの身代金

 
 年始にCPUの脆弱性に関するニュースが流れました。
一般ユーザーが直接 被害に遭うという事例は上がってはいませんが、可能性はあるって事ですね。

昨年は「PCデータを人質に対価を要求する」、 「ランサムウェア」が話題に上がって会社でも対策しました。 実際どうなるかは見たことなかったのですが、年末に友人の会社で「Arena ランサムウェア」を「現認」できました。

みごとに「アイコン」全てが「白紙」になってました。 ※フォルダは「容器」なので、そのままで開けます。 ショートカットもプログラムも、「特殊な暗号化コード」で圧縮されており容易に「復号:解凍」できません。 「復号」しようと試みると メモファイルに 「戻して欲しきゃ ここにメールしてこい」って感じです。 色々と眺めてみましたが、復元点すら利用できず 簡単には回復できません。

オーナーには、仕事しなくちゃいけないんだからと 諦めてもらい 初期化を奨めました。 「ランサムウェア」に「身代金」払っても回復したって話は聞かないので、「いい勉強したね」って諦めてもらいました。

統計情報みると、「ランサムウェア」の被害はwindows7に多く、Proエディションでも2020年にはサポート切れるんだし「いい加減」には、windows10にするべきでしょうね。

 これほど重症じゃない話も「師走」にありました。 唐突にパソコン画面に「ドライバーが古いので更新しなさい」と、あたかもMicroSoftが言ってるような感じにひょうじして「ここ押せ」と迫ってる物です。  当然ながら「詐欺」ですね、信じてクリックすると「災い」を引き込む事になります。 慎重な方でしたので、私に相談メールくれたので「回避」できました。

自身の行為が いかなる結果を生むか分からない「小学生」でも、マルウェアを投げてくるので困ったものです。 あわよくば「お小遣い」が得られる程度の発想なので、「なんでダメなの」って感じです。

企業内ユーザーもセキュリティ意識が高い人も居れば、無頓着な人も居ます。 こういった「無頓着」な人の踏んだ地雷で、企業内に「爆風」が及ぶってのが 頭の痛い話です。

2018年01月03日 携帯電話の延命


 2015/01/11にSoftBankからMNPして、DoComo-iPhone6に更新したが、丸3年が来る。

 途中、 2年縛りが解けた 2017/02/08にDoComoにMNP転出申請して、OCN−Oneモバイルに切替。 更に、2017/11/02に楽天モバイルにMNP切替しました。

OCN−Oneモバイルは勿論 NTTコミニケーションズ一族ですし、楽天モバイルは NTT−DoComoのキャリアを借りてるので SIMフリーに出来ないiPhone6でもMNPして割安な契約で携帯を利用出来てます。 ( 6sからは、希望に応じSIMフリー化出来てキャリアも変更できる。:手数料有償 )

 ですが、さすがに3年も使うと電池の持ちが悪くなりました。
充電しすぎない様に気を使っていたんですが それでも 3年経てば それなりです。
 iPhone6s、iPhone7、7sは通り過ぎ iPhone8、Xが現状という事で 買い替えをボチボチ検討していたんですが 「朗報」が舞い込みました。

Appleが iPhone用iOSに「バッテリー劣化機の突然のシャットダウン回避の為の配慮」要は、勝手に「速度を落として電池の持ちを長くする」って対策が ユーザー諸氏の逆鱗に触れ 訴訟騒ぎになったので 「お詫びに 旧機種のバッテリー交換費用を値下げします。」というニュースです。

以前の機種では 6千円程度で交換されていたバッテリーも、高機能化で 現状は¥8800円でした。
これが ¥3200円とか言ってるので 交換しない手は無いですね。 5月の連休辺りで、倉敷のアリオに行って交換してもらおうかな。 ここで、交換しておくと2年間は使えそう。 

 でも、Appleの流れからいうと 次期メジャーUpdateでiOS12とかに成ったら、更新対象機種から我が愛機 iPhone6は外されるかも知れないな.... 

2018年01月02日 交通安全の備え


 毎年恒例の所轄警察署の交通課からの講演にも話があったが交通事故の過失割合の認定は難しく 「ドライビングレコーダー」の果たす役割は大きいそうだ。

 通勤時にサルが横断したり、鹿が交通事故死したりと色々なハプニングに「出くわす」が 慌ててスマホカメラを向けるのは「危険!」ならばと 昨年末 行きつけのショップの2台目若社長に「ドラレコ」をつけてもらいました。

 本体、取り付けキット、工賃、消費税を込めても2万弱
これで、「もしも」の時に、「動かぬ証拠」じゃなく、「動画の証拠」が残せます。


駐車時も振動等で撮影を開始するので、都心部で流行ってる「パンク」事件とかの抑止に成るかもしれません。
 実際、取り付け具合を確認してる「自身」が撮影されており、その「間抜け具合」に大笑いしました。

 色々な機種が発売されており、GPSを記録しPC上でMapできるものや 車外も車内も撮影できる物(TAXIとかの車載用)
画質も簡易からHD高画質まで様々です。

初期の製品は信号機のフリッカ点滅(信号は実際は点滅してる)に対応できてなくて消えて撮影されてますが 今回搭載した商品は、対応済みの物でした。

 但し、撮影動画の形式がAVIなので 如何せん 動画容量がデカイ 内蔵させるMicroSDを32GBにて使用しても一週間で満杯!

 勿論、SDが一杯になれば古いものから消して新し動画を残していきます。 イベント事象は消されずに、別フォルダで保存されてます。
 
PCに取り込んで、MP4に圧縮するしか無いですが。。。
そうそう頻繁に 「特ダネ」が撮れるわけでもないので
 書きつぶしも仕方ないかな。

2018年 平成30年